人体の血管の長さはおよそ10万キロ。地球を二周半する長さです。血液は、時速216キロのものすごいスピードで心臓から送り出されます。その圧力が血管にもろにかかります。脳血管が詰まり、その先に血液が運ばれなくなると、脳梗塞となります。細くなった(狭窄した)血管を広げ、若返らせて血流を良くするのが金澤点滴療法の目的です。十日間の点滴治療を行うことで、血小板の凝集を防ぎ、血管壁の炎症を抑えるなど、症状の改善・回復をめざします。詰まった血管が元に戻ることも、その先にある死んだ細胞が蘇ることもありませんが、この点滴療法で、脳全体の血流が良くなり、機能が回復することがあります。治療を受けた83%の人に、動かなかった手足が動いたり、出なかった言葉が出るなどの効果が現れています。

Amazonからの購入はこちらから

1人の脳血管障害者が出ると、5年間で1,200万円の国家予算を使うことに!「ある日突然、部下や上司、社長が倒れたら、会社はどうなってしまう?」未病治療が新たな境地へ。脳梗塞が防げるならば、それに勝る経済効果は無い。
ただの「めまい」が脳梗塞からくる「めまい」なのか。血小板を見れば見えてくる「脳梗塞未病」相乗効果による血小板凝集能測定で脳梗塞を発症前に防いで治すことが可能になりました。この方法が広がれば、脳梗塞も恐くありません。食事をしていて、突然父の会話が途切れたのです。瞬間でしたから言葉を選んでいるのか飲み込んだのか・・・まさか脳梗塞の前兆?悪い予感が脳裏をかすめました。そんなとき出会った脳梗塞未病治療効果はてきめんでした。この治療法に出会えて本当によかったです。(A子の父・70歳)

Amazonからの購入はこちらから

PAGE TOP